Web行動心理学研究所 - Powered by infodex co.

Web行動心理学研究所は、ディスプレイ広告のパフォーマンスを向上させるため、株式会社インフォデックスが外部有識者の皆さんと共に運営している研究チームです。 ユーザーがWeb広告と接触して反応する際の「行動心理」について、基礎的な研究やテスト配信に基づいたデータの蓄積~公開を行っています。 ブログでは、マーケティングや広告制作に活用できそうな行動心理の紹介や、行動心理を適用したバナーを実際に広告配信をして広告効果を検証したレポートなどを掲載しています。

色彩センスがゼロでも大丈夫!商品の魅力を引き出すウェブサイトの作り方


株式会社インフォデックス"

高い売り上げを誇るウェブサイトのセンスが必ずしも良いとは限りません。オシャレさには欠けるけれど、売り上げがグングン伸びている……。

中にはそんなサイトもあるのです。では、どのようなデザインにすればサイトの売り上げアップが期待できるのでしょうか? 魅力的なウェブサイトを作るための「色の使い方」について紹介します。

企業イメージに合わせた色の選び方

色の意味を理解しましょう

色にはそれぞれ意味があります。商品ページやウェブサイトにどの色を使用するかによって、閲覧者が抱く印象は随分変わるものです。心理学の正式な分野ではありませんが「色彩心理学」という言葉があるように、色は人の心理や行動にさまざまな影響を与えます。人間は、視覚からの情報に左右されやすい生き物なのです。

では、自社の製品・サービスを効果的に宣伝する場合、どのように色を選べば良いのでしょうか? ふさわしいものを選ぶためにも、色が持つ基本的な意味について知っておきましょう。ほんの一例ですが、赤・青・緑であれば次のような意味があります。

赤:熱い、情熱的、愛、危険、闘争、興奮

青:冷静、冷たい、静か、知的、孤独

緑:自然、安らぎ、平和、新鮮、安全

色選びのポイントとは?

株式会社インフォデックス"

たとえば日常生活でよく使う商品なら、「親しみ」や「カジュアル」を表すオレンジ色、もしくは「にぎやか」、「明るさ」を表す黄色などが適切でしょう。これらの色をウェブサイトのトップページに取り入れることで、閲覧者は第一印象で「気軽に使える商品だ」という印象を持ってくれます。

具体的には、料理のレシピを提供している「クックパッド」が良い例でしょう。アイコンやタイトルなど、いたるところにオレンジ色を利用しています。日常生活でよく使うサービスなので、親しみを表すオレンジ色はサイトのイメージとしてもピッタリでしょう。このようにサービスと色の特徴がマッチすると、閲覧者にプラスのイメージを与えることができるのです。

比較検証!メインカラーでどれだけ差が出る?

似た商品を販売していたとしても、ウェブサイトのメインカラーを変えることで、消費者心理にも大きな影響を与えます。同ジャンルのウェブサイトを比較して、消費者の心理にどれだけ差がでるのか見てみましょう。

【マクドナルド】赤を使って欲求を刺激!?

『マクドナルド』といえば、誰もが知っているハンバーガーショップでしょう。100~300円の低価格で、おいしいバーガーが食べられる、世界的にも有名な会社の一つです。そんなマクドナルドのホームページには、看板と同じ赤が利用されています。

人は赤を見ると興奮するため、食欲を刺激する色としてよく使われています。マクドナルドだけでなく、実は『ケンタッキーフライドチキン』のウェブサイトも赤が多いのです。

【モスバーガー】緑色を使って安全性をアピール

日本で有名なハンバーガーショップは、マクドナルドだけではありません。『モスバーガー』も知名度が高いですよね。品質管理や衛生面にこだわりを見せる、安全志向をアピールしたお店だと言えるでしょう。

モスバーガーのホームページでは、メニューバーやタイトル欄に緑が多く使われています。食欲を増進させる赤ではないので、意外に思った人もいるでしょう。緑色には、「安全」「新鮮」「健康」などのイメージがあるため、安心・安全を掲げるモスバーガーの方針に適しているのです。

マクドナルドとモスバーガーは同じハンバーガーショップですが、ウェブサイトを見比べると、第一印象には随分と差があります。このように、企業のテーマによってメインカラーを使い分けると、消費者の印象を望んだ方向に操作しやすくなるでしょう。

色を詰め込みすぎると印象がダウンする!?

商品の魅力を伝えるには、アピールポイントを絞り込むことも必要です。伝えたいテーマが複数あるからと言って、ウェブサイトにたくさんの色を盛り込むのはNG行為。ウェブサイト全体がごちゃごちゃした印象になってしまいます。バランスが悪い配色は、閲覧者の第一印象にも影響します。冒頭でもお話ししたとおり、人は視覚に左右されやすいのです。1ページに使用する色は3、4種類に絞り、好印象なウェブサイトを目指しましょう。

色を変えると、与える印象も大きく変わる

コンバージョン率を上げるためには、オシャレなウェブサイトよりも、商品の魅力が伝わるウェブサイトを目指しましょう。メインカラーを変更するだけでも、商品や企業のイメージが随分と変化します。ただしその際には、色の配置や割合にも気をつけたいところです。


参考: 【成果を上げる色の選び方】色彩心理学から学ぶ サイトカラーの「正解」-リスクル

Web行動心理学研究所 COPYRIGHT ©infodex CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED. http://www.infodex.co.jp/