読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Web行動心理学研究所 - Powered by infodex co.

Web行動心理学研究所は、ディスプレイ広告のパフォーマンスを向上させるため、株式会社インフォデックスが外部有識者の皆さんと共に運営している研究チームです。 ユーザーがWeb広告と接触して反応する際の「行動心理」について、基礎的な研究やテスト配信に基づいたデータの蓄積~公開を行っています。 ブログでは、マーケティングや広告制作に活用できそうな行動心理の紹介や、行動心理を適用したバナーを実際に広告配信をして広告効果を検証したレポートなどを掲載しています。

【ハロー効果】心理学的にも人間見た目9割?

行動心理

f:id:web_bp_lab:20160218192605j:plain

今回ご紹介する「ハロー効果」は、Web広告だけでなくあなたの仕事や恋愛にも役立ってしまうかもしれません。
例えば、AとBの2人のセールスマンが来たら、あなたはどちらが仕事ができる有能なセールスマンだと思いますか?


  • セールスマンA
    スーツはしわしわ、髪はボサボサ、ヒゲはボーボー、歯が汚い、汗臭い
  • セールスマンB
    シワひとつ無いスーツ、きっちり整えられた髪、ヒゲはきれいに剃られている、歯もきれい、ほのかに香るフレグランス

ちょっと極端な例えですが、セールスマンBの方が有能だと判断する方が多いと思います。でも実際には商品知識の豊富さやアフターフォローの丁寧さなど、セールスマンとしての能力はAの方が高いかもしれません。 どうも私たちは見た目などの目につきやすい特徴だけで、その人の評価を大きく変えてしまう傾向があるようです。

ハロー効果とは

f:id:web_bp_lab:20160218193154j:plain

ハロー効果とは、ある対象を評価するときに、目立ちやすい特徴に引きずられて、他の特徴についての評価まで変わってしまう心理現象です。

目立ちやすい特徴には、見た目やその人が属する組織(職業、勤務先、学歴など)が挙げられます。先ほどのセールスマンの例では、見た目に引きずられてその人の評価まで変わってしまいましたね。

ちなみに、「ハロー」は「hello」ではなく「halo」 です。「後光が差す」というときの後光のことで、ハロー効果のことも「後光効果」と呼ばれることがあります。

ハロー効果の活用例

f:id:web_bp_lab:20160218192625j:plain

では、ハロー効果の広告活用をいくつかご紹介いたします。
Web広告の領域では、女性向けの美容製品などが良く見られるのではないでしょうか?

【例1:洗顔料】
タレントの◯◯さんも使ってる!

最近キレイになったと言われている有名女性タレントの写真も併せて掲載されています。タレントの知名度とキレイになったという噂の相乗効果で、洗顔料が効果を発揮している印象を与えることができます。

【例2:ビジネス本】
経済評論家の◯◯推薦

本の帯にテレビでも活躍中の経済評論家の画像とコメントが掲載されています。有名な経済評論家が勧めるとなれば、「他の本より良さそうだな」という印象を持ちませんか?

【例3:消費者金融】
かわいいアイドルや動物が登場するCM

消費者金融のCMと言えば、売り出し中のアイドル。かつてはかわいらしい犬を起用したCMもありましたね。こういったかわいいものを登場させることで「お金を借りる」というヘビーな行動の心理ハードルを下げ、利用を促していると考えられます。

まとめ

ある対象を評価するときに、見た目やその人が属する組織などの目立ちやすい特徴に引きずられて、他の特徴についての評価が変わってしまう「ハロー効果」、広告でもたくさん利用されていましたね。

Web行動心理学研究所では、ハロー効果を活用したバナーを実際に作って配信したいと考えています。どのような効果差が出るかはまたこちらでご紹介したいと思いますので、よろしくお願いします!

さあ、ここまでメリットがあるとわかったハロー効果を、自分にも使わない手はありませんよ!ちょっと見た目を整えるだけで、職場での評価が上がったり異性にモテたりするかもしれません。私もたまには服を買い足してみようと思います。


著:Web行動心理学研究所 諸永


Web行動心理学研究所 COPYRIGHT ©infodex CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.     http://www.infodex.co.jp