Web行動心理学研究所 - Powered by infodex co.

Web行動心理学研究所は、ディスプレイ広告のパフォーマンスを向上させるため、株式会社インフォデックスが外部有識者の皆さんと共に運営している研究チームです。 ユーザーがWeb広告と接触して反応する際の「行動心理」について、基礎的な研究やテスト配信に基づいたデータの蓄積~公開を行っています。 ブログでは、マーケティングや広告制作に活用できそうな行動心理の紹介や、行動心理を適用したバナーを実際に広告配信をして広告効果を検証したレポートなどを掲載しています。

村田芳美コラム

【ウィンザー効果】“売上げNo.1”のコピーは要注意なワケ

自慢話をする人は嫌われますよね。上司の自慢話にうんざりという人もいるのでは?しかし、現在の広告の世界では自慢話が横行しています。これは売上げNo.1や顧客満足度90%というキャッチコピーのことです。社会的証明という効果を狙ったものですが、逆に「ウ…

行列を作る店の集客のコツ「社会的証明+α」

自分のお店や会社に顧客が列をなすようにすることはマーケティングに携わる者の夢です。ラーメンや福袋、スイーツを求めて行列を作る様子がテレビで紹介されています。この心理とは何なのでしょうか?

魔法の言葉は【リフレーミング】大坂なおみのコーチ、サーシャ・ベイジン 

テニスの大坂なおみ選手が、全米オープンテニスで優勝しました。全米オープンテニスは、グランドスラムと呼ばれる4大大会の一つで、グランドスラムで優勝するのは日本人初の快挙です。

購買意欲を掻き立てる心理テクニック「希少性とリアクタンス」

デパートなどの福袋や特別セールでお客さんが、商品を取り合う姿がテレビのニュースで流れることがあります。なぜこのように購買意欲を掻き立てられるのでしょうか?

Web行動心理学研究所 COPYRIGHT ©infodex CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED. http://www.infodex.co.jp/