Web行動心理学研究所 - Powered by infodex co.

Web行動心理学研究所は、ディスプレイ広告のパフォーマンスを向上させるため、株式会社インフォデックスが外部有識者の皆さんと共に運営している研究チームです。 ユーザーがWeb広告と接触して反応する際の「行動心理」について、基礎的な研究やテスト配信に基づいたデータの蓄積~公開を行っています。 ブログでは、マーケティングや広告制作に活用できそうな行動心理の紹介や、行動心理を適用したバナーを実際に広告配信をして広告効果を検証したレポートなどを掲載しています。

移転しました。

約1秒後に自動的にリダイレクトします。

性格タイプごとに異なる「刺さるバナー」とは?【②感情タイプ】

あなたの会社がアプローチしたいターゲットはどんな性格ですか? 性格タイプごとに「刺さるバナー」を紹介するコーナー第2回をお届けします。

【ウィンザー効果】“売上げNo.1”のコピーは要注意なワケ

自慢話をする人は嫌われますよね。上司の自慢話にうんざりという人もいるのでは?しかし、現在の広告の世界では自慢話が横行しています。これは売上げNo.1や顧客満足度90%というキャッチコピーのことです。社会的証明という効果を狙ったものですが、逆に「ウ…

性格タイプごとに異なる「刺さるバナー」とは?【①思考タイプ】

消費者の行動を左右する【性格】にはタイプが存在することをご存知ですか? Web研を運営する株式会社インフォデックスでは、人間の性格を大きく4タイプに分け、それぞれのタイプが反応しやすいWebクリエイティブを開発することで、ターゲットの心の動きに合…

行列を作る店の集客のコツ「社会的証明+α」

自分のお店や会社に顧客が列をなすようにすることはマーケティングに携わる者の夢です。ラーメンや福袋、スイーツを求めて行列を作る様子がテレビで紹介されています。この心理とは何なのでしょうか?

魔法の言葉は【リフレーミング】大坂なおみのコーチ、サーシャ・ベイジン 

テニスの大坂なおみ選手が、全米オープンテニスで優勝しました。全米オープンテニスは、グランドスラムと呼ばれる4大大会の一つで、グランドスラムで優勝するのは日本人初の快挙です。

【コラム】自己愛性と革新性のマーケティング-強烈な自己愛が革新的差別化を生む可能性に注目-

2018年夏のワイドショー番組の主役と言えば、自らを「世界の山根」「カリスマ山根」と言い切った山根明・元日本ボクシング連盟会長を置いて他にいまい。

【バナー広告テクニック①】ダブル・バインド効果の上手な使い方とは

どちらに転んでもよい選択肢を用意して、「Aがいい? Bがいい?」と相手にあえて選択させる手法を、「ダブルバインド」といいます。

購買意欲を掻き立てる心理テクニック「希少性とリアクタンス」

デパートなどの福袋や特別セールでお客さんが、商品を取り合う姿がテレビのニュースで流れることがあります。なぜこのように購買意欲を掻き立てられるのでしょうか?

消費者を"物語"で動かす 【リアリティの法則】「消費者:主人公」「商品:名脇役」の物語がリアリティ強化に有効

心理学で有名な考え方に「プロスペクト理論」がある。理論そのものは文献等で調べていただくとして、マーケティングの観点からは以下の質問が非常に示唆に富むので紹介したい。

【CV数が2倍】心理学×Web広告 クリエイティブサービス『beehave』

昨今のインターネット広告は、テクノロジーの発展とともに運用手法が多様化・複雑化し、それらの領域に焦点があてられるケースがほとんどです。

人が何かを決めるときに重視する「準拠集団」とは?

何かを判断したり決めたりする時、何を基準に判断していますか? 「利益や価値、便利」などのメリットによって判断すると思いますが、それらの損得勘定をするにあたっての基準が「準拠集団」からきていることをご存知ですか? 準拠集団とは? 準拠集団とは人…

【社会的証明の原理】大手企業も実践!つい買いたくなるキャッチコピーの秘密

人は他人の判断を頼りに行動してしまう傾向があります。これを「社会的証明の原理」と呼び、ビジネスではよく利用されています。

「選択と集中」でレスポンスが変わる!ふさわしいターゲットを選び、関係を築く3つの方法

全世界のユーザーに向けてメッセージを発信できるインターネット。もしかして、世界中の“みんな”に向かってメッセージを発信しよう、なんてことを考えていませんか?

マーケティング戦略としてのデザイン-「流行色」でブランドメッセージを伝えよう

Webサイトをデザインするときの重要な要素のひとつに「色」があります。 「色」にはイメージがあり、そのイメージによって人の感情に訴えかけることができます。また同時に、人々も心理的に「色」を求めています。「色」から元気をもらいたい、幸せを感じた…

【不完全なキャッチコピー】消費者の理解度を認知心理学で検証すると?

世の中にあふれるキャッチコピー。ウェブ上でも秀逸な作品が多数生み出されていますが、中には主語・述語・助詞など、文の要素が抜けた不完全なものもあります。

一瞬で心をつかもう!つい先が読みたくなるキャッチコピー・テクニック

Web上の文章は面白くなければすぐ飽きられると言われています。画面上に大きく書かれたキャッチコピーを読んで、スルーするか、次も読み進んでしまうかは、そこに何か心にひっかかるものがあったかどうかがポイントです。

よく効くウェブ広告の作り方!思考タイプをターゲットにする時のコツ

ウェブ上には、さまざまな広告があふれています。 一目で気に入る広告もあれば、全く興味を持てない広告もあるでしょう。また、同じ広告を見たとしても人によって印象が異なるため、不特定多数の人ではなくターゲットユーザーが興味を持ちやすい広告を作る必…

バーナム効果で自分ごと化を促して、強いブランドになる  ~「物語×マーケティング」戦略のすすめ

私は四年前から青森で暮らしているが、観光地にはとんと縁が無い。 そこへ友人が購入ほやほやの新車で青森を訪ねてきてマグロの一本釣りで有名な大間に行きたいと言うので、この秋にはじめて其処を訪れた。 大ヒット曲「津軽海峡冬景色」に「竜飛岬、北のは…

視覚の「カクテルパーティ効果」で人気サイトを作る!

騒がしいパーティ会場や人込みの中でも、自分の名前が呼ばれた時は聞き分けられることを「カクテルパーティ効果」といいます。

商品の「高級感」をウェブ上で伝えるには?効果的な色の使い方を紹介

顧客が商品やサービスに求めるものはさまざま。安さを追求する人もいれば、その一方で高級感を求める人もいます。

「ライフスタイル」と「価値観」で、相性の良いターゲット像を見つけよう

あなたは、自社で扱っている商品を、どんな人たちに知ってもらいたいですか? あなたが提供する商品の強みと想定しているターゲット像がマッチしていないと、いくら発信しても効果は上がりません。自社の強みとターゲット像のニーズをつなぐのは、共通の価値…

「ワケあり商品」が売れる理由とは?実はキャッチコピーが優秀でした

根強い人気を誇る「ワケあり商品」。商品をお得に購入できるというメリットはあるものの、なぜこんなにも人気があるのでしょうか?

つい「ポチッ」としてしまうWebデザインの秘密。ユーザーの注目を誘導する色使い

コンバージョン率を上げることはWebマーケターにとって最大のテーマ。数あるテクニックのなかで、ボタンの色を変えたらクリック数が何倍も上がった! 登録者数が増えた! という声を聞いたことはありませんか。

ユングの類型論を活かしてユーザーペルソナを描こう

マーケティング戦略の一つとして、ユングの類型論を生かしたユーザーペルソナを描いてみませんか。今、ユーザーの嗜好や価値観は多様化しており、同じ属性であってもニーズが違うということは多いもの。

あなたのサイトのコピーは、ユーザーの「?」に答える対話ができていますか?

Webサイト上の文章は、ユーザーとの対話。その対話がかみ合ったときに、ユーザーは「もっと知りたい。次へ進もう」、「信頼してついていこう」と思ってくれます。

色彩センスがゼロでも大丈夫!商品の魅力を引き出すウェブサイトの作り方

高い売り上げを誇るウェブサイトのセンスが必ずしも良いとは限りません。オシャレさには欠けるけれど、売り上げがグングン伸びている……。

【NLPの応用】聴覚・視覚・体感覚を意識して、ターゲットに印象づける

NLP(神経言語プログラミング)は「脳の取扱説明書」とも言われますが、行動を観察してタイプを見極めるという点では、行動心理学に近いかもしれません。

ユーザーの感情を引き出す色でWebサイトをデザインしよう!

色が人の心に与える影響をご存知ですか? 色には、それだけでメッセージを伝えたり、イメージを喚起したりするパワーがあります。

「専門家」の力を借りよう!選び方、見せ方、伝え方のポイントとは

自分で判断するのが難しいとき、つい専門家の意見を聞いてそのまま従ったことはありませんか。 人は「権威」の言うことにはつい安心して従ってしまうもの。その心理を「権威の服従心理」(後光効果)と言います。簡単に言えば、「この人の言うことなら聞こう…

5分でわかる!「時間」を駆使したキャッチコピー術

キャッチコピーの印象を強めるテクニックによく使われるのが、「数字を使う」という方法。数字を使うことで、抽象的なイメージが具体的になり、説得力が増す効果があるからです。

Web行動心理学研究所 COPYRIGHT ©infodex CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED. http://www.infodex.co.jp/