Web行動心理学研究所 - Powered by infodex co.

Web行動心理学研究所は、ディスプレイ広告のパフォーマンスを向上させるため、株式会社インフォデックスが外部有識者の皆さんと共に運営している研究チームです。 ユーザーがWeb広告と接触して反応する際の「行動心理」について、基礎的な研究やテスト配信に基づいたデータの蓄積~公開を行っています。 ブログでは、マーケティングや広告制作に活用できそうな行動心理の紹介や、行動心理を適用したバナーを実際に広告配信をして広告効果を検証したレポートなどを掲載しています。

「専門家」の力を借りよう!選び方、見せ方、伝え方のポイントとは

株式会社インフォデックス"

自分で判断するのが難しいとき、つい専門家の意見を聞いてそのまま従ったことはありませんか。
=

人は「権威」の言うことにはつい安心して従ってしまうもの。その心理を「権威の服従心理」(後光効果)と言います。簡単に言えば、「この人の言うことなら聞こう」と思う気持ちのことです。

Web上でも、「権威」ある人物が発言すれば、同じ内容でも伝わる効果が高まるのです。ただ、「権威」ある人物を使えば誰でもいい、というわけではありません。Web上でメッセージ伝えるための「権威」の選び方、見せ方、伝え方をご紹介します。

「権威の服従心理」をキャッチコピーに活用しよう

株式会社インフォデックス"

人は、自分が「権威」を感じる相手の話を聞こうとするものです。「何を」語っているかという内容よりも先に、「誰が」語っているかを重要視します。

「権威」とは一般に、「専門家、先生、開発者、有名人」などを指します。

例えば、https://blog.hatena.ne.jp/web_bp_lab/web-bp-lab.hateblo.jp/entries医者が言う健康法はつい信じて従いたくなりますし、女性ならキレイな女優さんが勧める美容法を真似したくなった経験もあるのではないでしょうか。その他、「当サイト人気NO.1」や「モンドセレクション金賞受賞」、「〇〇研究所調べ」などのお墨付きも同様。人はそのような権威ある人や団体からの情報を「なんとなく」信用してしまうものなのです。

平たく言えば、Webサイト自体に「権威」があれば、ユーザーから「このサイトはスゴイ、信用できる!」「いざという時、ここに頼もう」と思ってもらいやすくなるということです。ユーザーとこうした関係を築くことができれば、コンバージョン率をアップさせるうえで有利になることは言うまでもありません。言い換えれば、Webコミュニケーションの目標は、ユーザーに自社サイトを「権威」と思ってもらうことともいえるのです。

ユーザーの心をつかむ「専門家」の選び方、見せ方、伝え方

「権威の服従心理」をWebコミュニケーションに活用する上でのポイントは、どのような人を「権威」に選び、どうすれば伝わりやすいか、までをつなげて考えていくことです。それぞれのポイントを見てみましょう。

1.専門家は、ターゲットと同じ「興味・価値観」の人を選ぶ

人は「同じ価値観」「同じ興味」を持つ人の言うことを聞くものです。例えば、学歴に価値を感じている人は、「高学歴の人」の勧める勉強法に興味を持つでしょう。ネットビジネスに興味がある人なら、「ネットビジネス経験者」の話を聞きたいですし、最新デジタル機器に興味がある人は、「最新デジタル機器に詳しい専門家」から情報を集めるでしょう。

ここで大切なのは、その専門性の魅力や面白さ、苦労した点などを通じてユーザーが「その気持ち、わかる!」と共感すること。その共感から「この人についていこう!」という気持ちがわき、最終的にコンバージョンにつながるのです。

2.専門家の「見た目」「デザイン」を専門性と合わせる

例えば、美容の権威と言っているのに、その人のお肌が荒れていては、信用は得られません。ファッションに興味のある人は、好きなファッションリーダーの意見には従うけれど、センスの合わない人の意見は聞こうとしないでしょう。スティーブ・ジョブズに憧れる人が多いのも、専門性と見た目のスマートさが一致しているためにメッセージに共感するからとも言えます。

また、Webビジネスに興味のある人は、スピード感と流行を重視する傾向があるので、Web上のレスポンスの速さや時代にあったデザインを演出することは、権威を高めることにもなるでしょう。

3.ターゲットに届く「ツール」を使い、専門家の言葉で伝える

ターゲットへコンテンツを届ける際は、「ツール」の選定も重要なポイントです。こちらから定期的に接触したいなら、メールマガジン、ツイッター、ラインを使いましょう。情報を探しているターゲットを集めたい場合は、ブログやフェイスブック、動画や自社サイトを使うのが有効です。

詳細なデータを提供することで権威が高まるなら、小冊子やパワーポイントなどの資料を配布するのも効果的です。

頼める「専門家」がいない場合はどうする?

株式会社インフォデックス"

自社には頼める専門家がいない、タレントに払える予算もない、調査機関で調べるものもなく、受賞歴もないという場合もあるでしょう。そのような時は、自社の社員を「権威」にするという方法もあります。関わった社員の凄さを具体的に表現するのがコツです。共感や尊敬が集まるようにキャッチコピーを考えてみてください。

<キャッチコピー例>

1.「わが社の自慢のお酒です」 → 「わが社の頑固職人が15年かけて完成させた自慢のお酒です」

2.「バイヤーが見つけた逸品」 → 「世界中から本物だけを選びぬく目利きバイヤーが見つけた逸品」

3.「スタッフのオススメ映画」 → 「歴史研究会出身、日本史オタクのスタッフが感動した歴史映画」

その人物の魅力や価値観が伝われば、無名であってもユーザーの心は惹きつけられ、権威を感じます。説得力のあるキャッチコピーが完成するでしょう。

専門家への「共感」がファンを育成する

今は「共感」が説得力になる時代。タレントや専門家を「権威」として登場させる場合は、ターゲット層の考え方や価値観に似た人を選ぶことがポイントです。また、自社の個性に適した「権威」を創り出すことも効果的です。そんな専門家への「共感」で集まってきたユーザーは、長期にわたるファンへと育っていくかもしれません。


参考: キャッチコピー力の基本 川上徹也著 日本実業出版社 、林修の仕事がうまくいく『話し方』講座  林修著 宝島社