読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Web行動心理学研究所 - Powered by infodex co.

Web行動心理学研究所は、ディスプレイ広告のパフォーマンスを向上させるため、株式会社インフォデックスが外部有識者の皆さんと共に運営している研究チームです。 ユーザーがWeb広告と接触して反応する際の「行動心理」について、基礎的な研究やテスト配信に基づいたデータの蓄積~公開を行っています。 ブログでは、マーケティングや広告制作に活用できそうな行動心理の紹介や、行動心理を適用したバナーを実際に広告配信をして広告効果を検証したレポートなどを掲載しています。

【ストループ効果】気付かないうちに陥っている!?表現に明確な整合性を持たせることで集客がUP!

行動心理 お役立ち

f:id:web_bp_lab:20160721153320j:plain

商品のメリットを表現する場合、例えば、人気の商品には「大人気」などのメッセージに長蛇の列のイメージ画像を挿入して見せたりしますね。この時「文字と画像」の情報に整合性があることによって、商品のメリットを理解しやすくなりますね。

これが知らないうちに情報が混同し、情報と情報に整合性がとれていないことがあるようです。これが「ストループ効果」に陥る入口で、商品のメリットを伝えれていないかもしれません。

続きを読む
Web行動心理学研究所 COPYRIGHT ©infodex CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.     http://www.infodex.co.jp